ホーム > その他 > 趣味レベルで電気工事士になろう(2) 筆記試験 編

趣味レベルで電気工事士になろう(2) 筆記試験 編

[ 2007年4月 6日 07:09 ]

 

第二種電気工事士の筆記試験について解説します。

 

試験の形式は、よくある学科試験の例外に漏れず

マークシート方式で、四者択一です。

 

平成18年度より試験の構成が大きく変わりました。

これまで技能試験に分類されていた「鑑別」が、

筆記試験に含まれる事になりました。

 

これにより、筆記試験はペーパーテストのみ。

技能試験は工具を使って電材を施工する試験のみ。

と、区別され分かりやすくなりました。

 

合格基準は試験終了後に試験委員会において決定されますが、

運営側の出題ミスなどが無い限り、例年満点の60%で線が

引かれる事が多いようです。

 

分野ごとの足切り点は設定されていない為、

電気理論や配線設計の計算問題が出来なくても、

法規・施工・鑑別などの暗記問題で得点を稼ぐと合格できます。

 

出題の難易度は、数ある国家試験の中では素直なタイプだと

個人的に感じています。

試験にありがちな「引っ掛け問題」のような意地悪な

記述がないので、もし分からない問題があったとしても、

電気知識や安全性に基づいて解答すれば、

正解する事も多いでしょう。

 

アウトラインが分かったところで、具体的な勉強方法です。

 

資格試験は合否が全てであり、得点や解答の理解度は問われません。

ここでは少ない手間で合理的に試験に合格する事だけを

目標として話しを進めます。

 

さて。まずは学習教材を用意しなければならない訳ですが、

電気工事士の書籍は、数が多すぎて多すぎて何が良いのか

さっぱり分かりません。

 

はっとも何冊か第2種電気工事士の本を買いましたが、

「試験に合格する本」ではなく、

「電気を勉強する本」が中にはありました。

言うまでも無く、試験に合格するだけなら不要な本です。

が、その時点では その区別は付きませんでした。

ムダ金を払ってしまいました。

 

その上で、お薦めする筆記試験の書籍は以下1冊です。

 

オーム社出版

第二種電気工事士筆記試験標準解答集

 

 

この分野では有名な出版社です。

Ωの法則のオームであって、某宗教団体とは無関係と思われます。

 

上記の問題集は過去問11年分と、その解説が載っています。

毎年シリーズで出版されていますので、内容は完成域で煮詰まっています。

電気が好きな人なら、この1冊だけでも十分に合格が可能だと思います。

もちろん はっともこれを買いました。

お薦めです。

 

資格試験の攻略の王道はやはり過去問を解くことです。

電気工事士もそれさえやればきっと受かるでしょう。

はっとは短期集中で、試験の1週間前から

10回分の過去問を試験本番と同じ形式で解きました。

 

上記の問題集で、新しい年のものから順に10年分です。

平成14年以前は午前と午後で2回分載ってますが、

どちらか片方しかやりませんでした。

 

これだけで、充分に出題傾向が分かると思います。

 

初めてやった時から、時間もかなり余りましたので、

本番もそうですが、時間で泣かされる事はないでしょう。

 

分からない問題ももちろんありましたが、

過去問10回とも全て60%以上正解できたので、

はっとの場合は、おおよそ合格レベルに達している事が

この時点で予測がつきました。

 

データの分析は、合理的に近道をするなら必要です。

常に自分の正解率を把握しつづけながら学習を進めると

モチベーションを高く保て効率が良いと思います。

必要なのは安定した60%の正解率です。

 

はっとは手間をかけずに最短で学習するために、

答え合わせをした後、間違った問題だけは解説をよく読みました。

正解した問題の解説は読まず、時間はかけませんでした。

 

出題は毎年似たパターンを繰り返しているだけなので、

過去問の回数をおうごとに得点は上がり、

10回目が終わるころには60点→70点→80点→90点と、

9割方の正解率になっていました。

 

個人差はあるとは思いますが、このような感じです。

試験の難易度を把握する上で参考にして下さい。

 

10回です。

直前1週間で10回だけやりました。

 

過去問を解くというのは地味な泥臭い作業ですが、

学習方法が見えてこない人は、とりあえずっ、とりあえず、

これさえやれば きっと合格出来ますので、

まずは実行してみてはどうでしょうか。

 

 

趣味レベルで電気工事士になろうシリーズ筆記試験編は

これで終わりです。

次回は、もう少し時間に余裕のある人や、

多少手間をかけても今年確実に合格したい人のための

筆記試験+α を綴ります。 乞ご期待っ!

 

 

シリーズ一覧

→ (1)【趣味レベルで電気工事士になろう】

→ (2)【筆記試験 編】

→ (3)【人の力でもう10点 編】

→ (4)【技能試験 編】

→ (5)【持って行かないと損をする工具 編】

→ (6)【技能講習会それともDVD 編】

→ (7)【タダでもらえる電気工事の国家資格 編】  準備中